院内施設の紹介

施設の特長

1最新の技術を結集させた最先端の陽子線治療システム

当センターの陽子線治療装置は最先端の技術が結集されています。陽子線の照射には従来から「ブロードビーム照射」といった方法が用いられてきました。これは、病変の形状に合わせて陽子線ビームの束を照射する方法です。それに対して、近年「スキャニング照射」といった方法が開発されてきました。これは、病変を点の塊と見なして、それぞれの点を1つずつ塗りつぶすように照射する方法です。両者にはそれぞれ得意分野があり、「ブロードビーム照射」は呼吸で動くような病変に有用で、治療時間も短くできるといった利点があります。一方、「スキャニング照射」は究極のピンポイント照射が可能で、複雑な形状の病変やあまり多くの放射線を当てたくない臓器が手前にある場合などに有用性を発揮します。したがって、病気の位置、大きさ、形状、可動性などによりどちらに利があるかが分かれます。当センターは2つの治療室を有していますが、そのどちらの治療室でも両方の技術が使える設計で、ブロードビーム照射とスキャニング照射の利点を生かした治療が可能です。また、1つの装置で両方が切り替えられる日本初の施設ですので、将来的には患者さんが治療台に寝たままの状態で「ブロードビーム照射」と「スキャニング照射」を組み合わせて、より精度の高い治療の実現が可能になります。

多機能照射ノズルイメージ図

2交通の利便性に加え公園に面した開放的な環境での治療

当センターはポートアイランド内に位置しており、関西の交通の要である三宮から20分以内で来ることができます。また、新幹線の新神戸駅、神戸空港からも近く、交通の利便性がきわめていい場所にあります。陽子線治療は数週間の通院治療になることが多く、通院に便利な位置にあることは体力的にも負担が小さいですし、仕事を続けながら通院できる可能性も高くできます。さらに、市民の憩いの場として利用されている南公園に当センターは面しており、落ち着いた開放的な環境で治療を受けることができます。

3神戸メディカルクラスターの連携による高度ながん治療

ポートアイランド内は神戸医療産業構想の一環として、日本最大級のメディカルクラスターとして発展してきました。これは、医療にかかわる病院、研究所、企業を集約させて、より高度な医療、医学を目指そうというものです。当センターは兵庫県立粒子線医療センターで培った高度な陽子線治療技術を活かして外来での通院治療のみを行っていますが、近隣の医療機関と連携することで徒歩圏内での入院、化学療法の併用治療、マーカー挿入など外科的処置を伴う医療行為、医療相談を簡便にさせて、総合的で質の高い医療の実践に取り組んでいます。

4県立こども病院に隣接し総合的な小児がん治療の実践

当センターは小児の患者さんの治療に重点をおいた施設として開設されました。2つの治療室の1つは小児専用となっています。全国最大規模の小児がん拠点病院である兵庫県立こども病院に隣接して、渡り廊下で行き来できるように設計されています。小児の患者さんは病棟の化学療法で免疫力が低下している場合がありますので、成人の患者さんとは接しない建物設計になっています。さらにこども病院の小児専門スタッフと蜜に連携する体制をとっており、小児の患者さんもこども病院で病棟管理を行いながら当センターで円滑に陽子線治療を受けることができます。センター内は小児の心情に配慮した内装やアメニティで安心して治療を受けていただくことができるだけでなく、授乳室も完備されています。また、当センターは小児患者の麻酔経験の豊富な麻酔科医が常勤しています。従来の施設では手術の予定のないときにしか鎮静をかけながらの治療ができませんでしたが、陽子線治療のために常勤していますので1日に複数の患者さんに対して安全かつ効率的に鎮静をかけながら治療をすることが可能です。これらの試みは国内初の施設として高い注目を集めています。さらに治療装置も鎮静をかけた小児の患者さんに対応すべく静音設計されています。

陽子線治療装置について

陽子線治療装置

陽子線治療に必要な装置は、大きく分けて、陽子を加速する『加速器系』と、加速された陽子線を治療室まで運ぶ『輸送系』、陽子線を患者さんに照射する『照射系』および陽子の加速度や照射量を制御する『制御系』から構成されます。

治療装置は、加速器を使って陽子を最大で光速の約7割まで加速させ、照射室まで導いて患部に照射します。陽子は加速させることによって、高い運動エネルギーを持つ陽子線になり、体の奥深くの病巣を照射します。

設備外観図